ブログ

2013年07月16日
11:00

柳に学ぶ「しなやかさ」

こんにちは。リラクカウンセラーの浅賀桃子です。

本サイトの背景には、柳の画像が使われています。
なぜ柳かといいますと…「柳に雪折れなし」「柳に風」という言葉があるように、柳は私が目標とする「しなやかさ」の象徴だと思っているからです。

先日、5年くらいうつ病と闘っている知人と久しぶりに食事をし、色々な話をしました。

心が弱い自分をどうにかしたい。
職場でのささいな出来事でも落ち込みやすい。
傷つきやすい。

この話を聞きながらふと私の頭をよぎった言葉が、「しなやかな心」でした。

強い風が吹いたら、流されて揺れてしまってもいい。

無理して強い風に逆らうのは疲れてしまうかもしれません。
踏ん張りすぎて倒れてしまうかも...

心が折れた状態、というのは、この踏ん張りすぎて倒れた状態に似ているように思います。
流されるだけではなく、風がやんだら元に戻る。
案外、戻れないことが多いかもしれません。
本来の姿を見失ってしまうこともあるかもしれません。

揺れてしまってもいい。
でも、それに流されはしない。
決して、普段の自分を忘れずに、戻ることができる。

その柔軟さを持ち続けること。
簡単なようで、難しい。
でも、意外に、そんなに難しく考えすぎることもないような気もします。


しなやかな強さ。
それが、自分の心の健康を保つ一助になるように改めて思いました。

しなやかな強さを持つためのちょっとしたアドバイスは、またこちらのブログで紹介していきたいと思います。


※別サイトに掲載した文章を一部改変・加筆しています。

  •  
  • 0 コメント
  •  

あなたのコメント

この投稿記事に誰かがコメントを追加したときに通知する

戻る

« 7月 2013»
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

050-3736-7496