ブログ

2014年02月23日
20:30

トム・エバハート氏の貴重なPEANUTS絵が届きました

こんにちは。
ベリテオフィス代表 メンタル心理・スヌーピーカウンセラーの浅賀桃子です。

少し前の話になりますが、2014年始に東京で2日間のみ開催された「トム・エバハート展」に行ってきました。

トム・エバハート氏はアメリカのアーティスト。
PEANUTSの著者であるシュルツ氏に、チャーリー・ブラウン、スヌーピーを初めとするPEANUTSのキャラクターたちを自由に描くことを、世界で唯一「公認」されています。
彼の絵は独創的な光と点が印象的です。

この展示会で出会った1枚の絵を購入しました。

絵を購入するのは、実は生まれて初めてでした。
美術館などは子供の頃よく行っていましたし、自宅にも関連雑誌が少なからずありましたが「どうしても自分のものにしたい」と強く思ったのは、小学校の美術室に飾ってあったモナ・リザの絵以来でした(本物ではなかったでしょうけれど。ちなみにモナ・リザの絵はポスターになっていたのを購入し長らく実家に貼っていました)。

この絵はアメリカから届くこともあり、実際に受け取るまでには1ヶ月以上かかります。
到着をとっても楽しみにしていたこの絵。
配送を依頼していた日がたまたま大雪の翌日だったこともあり、配送遅延となりなかなか届かずハラハラしていましたが、ようやく先日届きましたのでご紹介させていただきます。

Tom Everhart
"Coconut Fabulous - Snoopy And Charlie Brown 2012"

 

 

この絵は、この世の中にわずか295枚しかありません。

右下にはエバハート氏のサイン入り!
左下には、84/295と書かれています。
295枚の中の84枚目、という意味です。

 

 

作品保証書もついています。
なお保証書には作品名と合わせて、購入者名として私の名前も入っています。

 

 

 

家の壁に飾りました。

 

 

この絵、1990年7月18日作のPEANUTS漫画をほうふつとさせてくれます。

ちなみにPEANUTSの漫画の中には1989年ごろから、チャーリー・ブラウンとスヌーピーが後ろ向きで登場する構図がよく見られます。
黙って傍にいてくれる存在がいることのしあわせさをかみしめる、そんな絵のように思います。

私は絵はさっぱり描けませんが(笑)、スヌーピーカウンセラーとして、カウンセリングの中で、あるいは文章の形で、スヌーピーを初めとするPEANUTSコミックの良さを伝える活動をしていきたいなと改めて思いました。

 

Went to a "Tom Everhart exhibition" held in Tokyo only for two days in the beginning of this year.

Bought this work "Coconut Fabulous - Snoopy And Charlie Brown 2012" for the first time. (I felt the picture calling me.)

Hung the picture on the wall of my drawing room.
Shades of this PEANUTS Comic- 7/18/1990!

Hope that receiving counseling is more common in Japan!
For only one Snoopy Counselor in Japan, I would like to do my best in order to continue to spread this Snoopy Counseling.

  •  
  • 0 コメント
  •  

あなたのコメント

この投稿記事に誰かがコメントを追加したときに通知する

戻る

« 2月 2014»
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

アーカイブ

050-3736-7496