カウンセリングサービス

Vérité OfficeのEAP(従業員支援プログラム)サービス特徴

Vérité Officeでは、「人間的な感情・事情により個人の成長・行動に生じた、従業員の生産性の問題特定と改善を援助する」ことを目的としたEAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)を軸にカウンセリングサービスをご提供しております。

専門性

メンタルヘルスケア分野での知識・スキルのみならず、ビジネス分野での経験が豊富なスタッフが対応いたします。
企業の立場に立った、個人・組織の生産性を向上させるためのアドバイス、提案を行ってまいります。

総合性

メンタルケアに関して、人事・キャリア面からのアプローチ/心理・メンタル両面からのアプローチが可能です。さらには、人事労務、制度構築、人材採用・教育といった、組織に介入しての支援が可能です。

トータルサポート

従業員個人から管理層および組織全体まで、「1次予防(健康増進・疾病予防)~2次予防(病気の早期発見・早期相談体制)~3次予防(再発防止)」までのトータルサポートを行います。

 

Vérité Officeでは、本サービスは現在健康度が低い人だけではなく、すべての従業員に対して必要なプログラムであると考えております。
EAPは経営戦略「リスクマネジメント」「人材マネジメント」の一環として取り組むべきであるという考えのもと、組織全体のパフォーマンス向上を目指した費用対効果の高いサービスを提供いたします。
全国どこでも対応可能です(交通費は別途頂戴いたします。詳細はお問い合わせください)。

 

EAPとは(従業員支援プログラム)

Vérité Officeでカウンセリングサービスの軸としている「EAP」、そして「EAPとカウンセリングの違い」についてご説明いたします。

EAP導入のメリット

導入により、離職率の低下・業務ロスの回避・生産性の向上といった、企業全体のコストパフォーマンスの向上に繋がるメリットがあります。

EAPサービスコンテンツ

Vérité Officeでご提供しているカウンセリング・研修サービスのうち、最近ご依頼の多いメニューをご紹介いたします。

050-3736-7496