ブログ

  1. 雇用関係助成金 最新情報が公開されました

    さて、今回のブログでは人事労務関連の情報を。

     

    このたび「平成25年度版 雇用関係助成金のご案内~雇用の安定のために【詳細版】」の内容が更新され、厚生労働省のホームページにて最新版のダウンロードができるようになっています。

    助成金は毎年統廃合が多く、最新の情報を掴んでおくことは大事です。
    最新の資料としてダウンロードの上、ご利用になられてはいかがでしょうか。

    もっとみる »
  2. 目標の細分化

    心理学で「行動と結果の随伴性がある」ということがあります。
    随伴性というと少々堅苦しい言葉だと思われるかもしれませんが、要は行動と結果が伴っている状態のことです。

    行動したことによって何かプラスに働く(=結果)、そう思えるから多くの人は行動を起こせるのだと思います。
    しかし、自分が行動しても何も変化が起きない(=結果が随伴していない)場合はどうでしょうか。

    もっとみる »
  3. 笑顔の効用

    こんにちは。
    Vérité Office リラクカウンセラーの浅賀桃子です。

    こちらでは、こころに関するお役立ちコラムを中心に、時には人事労務に関する情報もご紹介していきたいと思います。

     

     

    本日は、この言葉のご紹介から。

    “SOMETIMES IT'S ONLY A LITTLE THING THAT GIVE US HOPE…”
     (ときどき、ほんの小さなことが私たちに希望を与える)


    私が20年にわたって愛好している、Snoopyでおなじみの漫画「Peanuts」からの引用です。


    嫌なこと、辛いことが起こったとき、「なんで私はこんなに不幸なのかしら」と思うこと、ありますよね。
    でも、「幸せである」「幸せではない」という現象は、実はないのです。
    存在物はあるがままに存在し、淡々と物事は起こっています。

    そう「感じる」のは、私たちの心の作用によるものです。

    “しあわせはいつもじぶんのこころがきめる”と、相田みつをさんもいっていますね。


    幸せを感じられない理由を他人のせいにしていると、いつまでも辛さから抜け出せません。
    ちょっとしたことでも、ああ、幸せだな、と思える人のほうが得をします。

    もっとみる »
  4. 柳に学ぶ「しなやかさ」

    こんにちは。リラクカウンセラーの浅賀桃子です。

    本サイトの背景には、柳の画像が使われています。 
    なぜ柳かといいますと…「柳に雪折れなし」「柳に風」という言葉があるように、柳は私が目標とする「しなやかさ」の象徴だと思っているからです。

     

    先日、5年くらいうつ病と闘っている知人と久しぶりに食事をし、色々な話をしました。

    心が弱い自分をどうにかしたい。
    職場でのささいな出来事でも落ち込みやすい。
    傷つきやすい。

    この話を聞きながらふと私の頭をよぎった言葉が、「しなやかな心」でした。

    強い風が吹いたら、流されて揺れてしまってもいい。

    無理して強い風に逆らうのは疲れてしまうかもしれません。
    踏ん張りすぎて倒れてしまうかも...

    心が折れた状態、というのは、この踏ん張りすぎて倒れた状態に似ているように思います。
    流されるだけではなく、風がやんだら元に戻る。
    案外、戻れないことが多いかもしれません。
    本来の姿を見失ってしまうこともあるかもしれません。


    揺れてしまってもいい。
    でも、それに流されはしない。
    決して、普段の自分を忘れずに、戻ることができる。

    その柔軟さを持ち続けること。
    簡単なようで

    もっとみる »
  5. ブログオープンしました

    こちらでは、代表カウンセラーの願いでもある、「カウンセリングがみなさまの身近に感じられる」ような記事を発信していきたいと思っております。
    もちろん、人事労務関連のホットな話題も、随時取り上げてまいります。

    どうぞお楽しみに。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    もっとみる »